▼ここから本文内容のエリアです

素材の正直

農事組合法人あづま 理事 三上正二
青森県の一農家から一次加工品企業へ新たな取組みが注目を浴びる

農事組合法人あづま 理事 三上正二

当社は、本来、米、ナガイモ、ニンニクを主体とする農家ですが、市場価格に左右される経営から脱却を図るため、昭和50年代にパウダーやチップなど乾燥による一次加工の分野へ進出を図りました。
加工により価格の安定化を図る取り組みは県内の農業生産者の中でもかなり早い時期に始めましたので、他に先進事例も無くノウハウの蓄積に苦労しました。
平成3年農事組合法人として法人化。
一次加工を始めて30年経った今では、大手メーカーへニンニクパウダーなどの菓子原料やコンビニエンスストアへトロロを提供できるようになり、当社の農産品の市場出荷額に対する一次加工品の売上を約40倍まで伸ばすことができました。

平成20年株式会社福島屋様と共に青森県産こんにゃくづくりを始め、そのことがこの「あおもり正直村」の設立につながりうれしく思っています。

農家だからわかる農産品の性質自社一次加工品の良さを伝える「食品づくりサポート」へのこだわり

元々農家ですから、農産物の性質を理解して加工できることが私どもの強みです。
当社の一次加工品は青森県内外の多くの企業の皆様に活用していただいておりますが、青森県の農産物をそのままではなく、加工することで付加価値をつけて世の中に送り出せることが当社の自信です。
一次加工のラインナップは、「つくね芋入りとろろ」「冷凍とろろ」「冷凍カット長芋」などのナガイモ加工品、「チンしてにんにく」「むきにんにく」「乾燥スライスにんにく」などニンニク加工品、そして、ナガイモ、カシス、ニンニク、リンゴ、トウモロコシ、ネギなど多くの野菜や果実のパウダーがあります。
このような一次加工で、日々企業の皆様の食品づくりをサポートしております。

  • 広い農場で様々な作物を栽培 広い農場で様々な作物を栽培
  • あらゆる食材を粉末に加工します あらゆる食材を粉末に加工します

あおもり正直村職人のこだわり商品

製粉技術による新しい商品開発に注目!

青森県産こんにゃく芋精粉を使用した正直村のこんにゃく製品は、弊社のこんにゃくづくりと製粉技術により、株式会社 福島屋様が製品化しております。

こんにゃく屋 福島屋のページはこちら


あおもり正直村の商品ご購入・お問い合わせは、直接各店へご連絡ください。

農事組合法人あづま

住所:〒039-2549 青森県上北郡七戸町字下見町105-23
TEL:0176-62-4936 FAX:0176-62-4878
E-mail:aduma@ruby.ocn.ne.jp

▲このページのトップへ

本文終了です